お知らせ

お知らせがご覧いただけます。

お知らせ第62回通常総代会を開催しました

20120620170930.jpg  6月11日(月)鳥取県立倉吉未来中心小ホールにて、第62回通常総代会を開催しました。議案書に基づいて5つの議案が提案され、参加総代226名(実出席93名、代理人出席2名、書面出席131名)により採決が行なわれた結果、すべての議案が賛成多数により可決されました。

20120620171000.jpg  (松軒理事長挨拶より)
昨年の東日本大震災や原発事故から一年余りが経過しました。皆様から届けられました1400万円以上の復興とくらし応援のための募金は、家屋や田畑が津波で飲み込まれる様子がテレビで放映される中、なんとかして助けたい、復旧の取り組みに力を出したいという組合員皆様の気持ちとして受け止め、被災地にお届けしました。改めまして感謝とお礼を申し上げます。県生協でも様々な支援に取り組んできましたが、詳しい内容は東北現地で活躍してくれました職員からご報告をさせて頂きます。
また、県生協では被災地支援をはじめ、生協の様々なつながりを活かした取り組みをすすめたことも昨年の大きな特徴でした。昨年4月からスタートした「夕食宅配のお弁当」は毎日約800食をお届けし、安否確認と合わせ利用組合員に喜んで頂いています。また、鳥取県が提唱する共生の里事業の一環として進めている「せいきょう農園」や「COOP虹の森植栽活動」などの取り組みに代表されるように、食と農・里山を再生し、地域に元気を取り戻していく取り組みも広がっています。
産直の取り組みでは、県生協では25番目の産直提携として昨年締結した"岩国れんこん"や、飼料米を使った産直の牛・豚・たまごも安全性だけにとどまらず、日本の食糧自給や耕作放棄地利用など、食と農をつなぐ事業活動としてこれからも広げていきたい取り組みです。
組合員活動の取り組みでも"つながり"を大切にした取り組みが広がってきました。今年で4年目の"だれとでもおしゃべりパーティー"では、生協組合員さんだけの集まりにとどまらず、お友達や職場の方も気軽に参加される場として、また昨年から始まった「カフェ」は、お一人でも参加頂ける言わば癒しの場としても重宝がられています。平和やユニセフの課題も、県内や全国の生協との共同した取り組みとして広がってきています。
一方、国際的には世界的規模での貧困と格差、経済金融危機や食料安全保障に対し、これまでの協同組合が果たしてきた役割を評価するとともに、これからの経済社会発展への寄与と期待が2009年の国連総会で決議され、今年を国際協同組合年として位置づけられました。たとえば、日本の生協が果たしている国際的な役割の一つにユニセフ活動があります。ユニセフの2012年版「世界子供白書」によれば、都市のスラムで生活する10億人を超える子どもの問題に焦点を当て、最も弱い立場にある子供たちが、貧困と不公平に苦しめられる割合が大きいとして指摘し、子どもの成長と権利を守る取り組みを呼びかけています。鳥取県生協も89年からユニセフ活動に取り組んできており、昨年もアフリカ干ばつ緊急募金やハンドインハンド募金にもご協力頂きました。総代会議案書の最後のページに、被災地で支援する日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんからのメッセージを添付していますのでご覧下さい。
最後になりますが、本日の総代会では2020年に向けての県生協としてのありたい姿をデッサンした「県生協ビジョン」も議案としてご提案しております。今年度の事業活動計画と合わせ、近い将来に向けての姿をご一緒に語り合い歩んで参りたいと思います。平和とより良いくらしづくりに向け、本日の通常総代会が実りある会となりますことを祈念し、ご挨拶とさせて頂きます。


《可決された議案については、以下のとおりです》
第1号議案 鳥取県生協2020年ビジョン承認の件
第2号議案 2011年度事業報告・決算・剰余金処分案承認の件
第3号議案 2012年度事業計画・収支予算案決定の件
第4号議案 役員報酬決定の件
第5号議案 役員選任の件


2012年度に取り組むこと
Ⅰ.生協の事業や活動をお知らせする取り組みを強め、地域で生協への理解や参加を広げます。よりいっそう地域のネットワークづくり(行政、NPO、他協同組合等)を意識的に進め、安心して暮らせる地域づくりにむけた取り組みをすすめます。
Ⅱ.食とくらしの安全・安心を組合員とともにすすめ、商品・サービスの継続的な改善と充実強化を図り、普段のくらし応援の取り組みを一層強めます。
Ⅲ.多くの組合員や家族の参加が広がる取り組みの推進と、多様な関心やニーズに基づく自主的・自発的な活動の広がりを目指します。
Ⅳ.事業経営の健全性を高め、組合員や地域社会に信頼され支持される運営に努めます。


総代会では、司会の浜岡理事より開会が告げられ、議長選出、松軒理事長によるあいさつの後、ご来賓を代表して、大山乳業農業協同組合代表理事組合長の幅田様よりごあいさつと祝辞をいただきました。その後、向理事、秋山理事、浜江専務理事からの議案提案、小谷監事から監査報告が行われました。
続いて7名の総代から事前にいただいた「コープと私のエピソード」をご発言いただき、全域理事の安田理事、向理事より見解を述べていただきました。
その後、議案の採決が行われ、第1号議案から第5号議案までの全ての議案が可決され、議長解任、退任役員の挨拶と2012年の新役員紹介の後、第62回通常総代会は閉会となりました。


20120620171016.jpg

参加総代ご発言のようす


20120620171029.jpg

退任役員挨拶


20120620171037.jpg

新役員の紹介 


20120620171048.jpg

総代会終了後は取引先にご協力いただき、試食会を開催しました