機関紙せいきょう 根っこの話 2021年2月
2/4

 s♡Let’s 組合員の声を守るために味の変更はしてきませんでしニューアルしました。ルク感を高めたことです。その際、カカオ分とのバランスちくせいし「CO・OPファミリーチョコレート」を製造するのは、茨城県筑西市にある「株式会社正栄デリシィ」。組合員の声を大切に変わらない味を守り続けてきた商品づくりへの想いをお聞きしました。 弊社は、もともと米菓子や豆菓子を中心に製造していましたが、新たなお菓子づくりにチャレンジをするためにチョコレート製造を導入した頃、日本生協連様より「ファミリーチョコレート」の開発話が持ち上がりました。商品は1979年に誕生し、これまでパッケージ(包装)や内容量の変更はあったものの、『この味はずっと変えないで』というた。ですが、組合員からの利用が少なくなってきたこともあり、初めて味の見直しを行なって2020年秋にリ ポイントは、長年支持いただいてきた味を守りつつ、ミを調整するのが難しかったのと、チョコレートづくりの工程は約1日かけて行なうので、試作をつくるのにも時間がかかりました。そこで、事前に配合を何パターンか予測し、出来上がったら都度、ファミリーチョコレート利用者の組合員モニターにテスターをしていただきました。そのやり取りを何度も繰り返し、カタチとなったのが今回の商品です。「カカオ好きのためのチョコレート」も苦味や酸味を感じないように原料となるカカオマス・ココアバター・ココアパウダーの3つの量をバランスよく調整しながら、より食べやすいハイカカオ商品へと改善しています。 この商品以外にも「11種のチョコレートバラエティーパック」「えいごビスケット」など多数のコープ商品を手掛けています。今後もより良い商品づくりを続けていきますので、よろしくお願いいたします。長年の味を守りつつ、新しいおいしさにチャレンジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16個・・・・・・・・・・・・・・・適量・・・25㎝くらいの長さ (LでもMでもOK)・・・・・7個・・・・・・・・・・大さじ1■材料 (1人前)CO・OPファミリーチョコレート産直コープ牛乳■作り方ファミリーチョコレートと産直コープ牛乳を耐熱容器に入れ、レンジであたためたらできあがり。(加熱時間は様子を見ながら調整する)※冷やす時間除く1981年当時のパッケージ株式会社 正栄デリシィ開発部 主任清川氏オーツ麦たっぷりフルーツグラノーラいつでも注文370901※2021年3月26日(金)提出分 まで有効■材料(1回分)CO・OPファミリーチョコレートCO・OPオーツ麦たっぷりフルーツグラノーラCO・OPクッキングシート■作り方❶耐熱皿にクッキングシートを敷き、ファミリーチョコレートをのせる。❷ラップをかけずに電子レンジ(500w)で1分40秒ほど(機種によって加減)加❸冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。固まったら適当な大きさにカットしてでき簡単ザクチョコマイチョコフォンデュ熱し、スプーンで混ぜて溶かす。グラノーラを混ぜる。あがり。調理時間約10分  他にも「ちょっぴりビターなファミリーチョコレート」、tart cooking!ファミチョコ♡Recipe

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る