活動レポート

JA・生協 大学生応援活動プロジェクト

131635319_1540961552769500_4331856007123966577_n.jpg

新型コロナウィルス感染の収束が見通せない中、大学の閉鎖やオンライン授業が影響し、
大学生生活も大きく様変わりしています。学生の皆さんからは「外食はせず自炊している」
「節約の為、夜も電気を使わない」など、コロナ禍の中で生活に困窮している様子が伺えます。
そのような中、生協とJAが連帯し、県内大学生への支援活動に取り組んでいます。
12月18日には、倉吉市にある「鳥取短期大学・鳥取看護大学」にお米(星空舞)120kg、
レトルトごはん60kg、コープ商品(カレー、カップうどん、とりそぼろ、アーモンドリーフ)を
お届けしました。学生さんからは「温かい支援を胸に、勉学に励んでいきたい」とお言葉を頂きました。