平和

西部地区『おうちでハンド・イン・ハンド』に取り組みました

DSC06384 - コピー.JPG

昨年に引き続き、ユニセフ街頭募金「ハンド・イン・ハンド」は
実施出来ませんでしたが、ファミリーボックスを活用して
11〜12月に「おうちでハンド・イン・ハンド」を取り組みました。
各ご家庭で募金箱を設置してもらい、
買い物のお釣りを入れて下さったり、
自分のおこづかいから募金してくれた子どもさんもおられたり、
みなさんのあたたかいお気持ちが寄せられました。

また、12月15日(水)にはユニセフボランティアの方に
ユニセフの活動について、子どもの貧困についてお話していただきました。
子どもの貧困が社会にどういった影響を与えるか、
また、自分に出来る事は何か?を発表し合い、想いを共有しました。
子どもの貧困は他人事ではなく、実は身近な問題で、
日頃から関心を持つ事が大切だと学びの時間になりました。


DSC06389 - コピー.JPG