突撃インタビュー

鳥取県生協で働く職員にインタビュー!新卒の皆様へメッセージをいただきました。
(2016年末期現在)

山内 邦彦(ヤマウチ クニヒコ)

部署・職位
西部第一支所 支所長
出身大学
名古屋学院大学
入協年度
1999年度
新卒者へのメッセージ
組合員さんの暮らしにお役立ちし、喜びを感じる事ができる仕事です。自分の精一杯は必ず周りに伝わります。頑張りましょう!
Q1.鳥取県生協を選んだきっかけは?
A もともと、地元で就職をと考えていて、やはり人と接する仕事に就きたくて選びました。
Q2.現在の仕事内容は?
A 支所の運営業務を行っています。支所の各目標課題を達成させること、支所職員の働きやすい環境を整えることが主な仕事です。担当者一人ひとりの能力を最大限発揮できるよう日々、奮闘しています。
Q3.生協職員で良かったと感じる時は?
A 支所全員が目標に向かって団結し、一つになった時。
Q4.今後取り組んでみたい業務の内容は?
A 地域との繋がり、人と人の繋がりを大切にしていくために生協の強みでもあるコミュニティの現場をどんどん提供していきたいと思います。たくさんの方に生協を利用頂くことで暮らし貢献に繋げて行きます。
Q5.職場の雰囲気は?
A とにかく地域担当者はみんな明るく元気です。その元気がきっと現場でも多くの組合員さんに伝わっていることでしょう。
Q6.仕事を離れると...?
A 休みの日は、子ども達と出かけています。普段は、仕事から帰る頃には寝ているので、休みにおもいっきり遊びます。