突撃インタビュー

鳥取県生協で働く職員にインタビュー!新卒の皆様へメッセージをいただきました。
(2016年末期現在)

中村 勝(ナカムラ マサル)

部署・職位
事業部 事業品質管理グループ 担当
出身大学
龍谷大学
入協年度
2001年度
新卒者へのメッセージ
生協は一人ひとりが協力・共助の心を持ち、支えあえる組織です。組合員さんの暮らしの支えとなる仕事を通じて、共に成長していきましょう。
Q1.鳥取県生協を選んだきっかけは?
A 学生時代に行ったボランティア活動や部活などで「協同」の大切さを学びました。共に助け合う心のある組織だと感じ入協を決めました。
Q2.現在の仕事内容は?
A 毎週、共同購入でお届けするカタログの中の一つ、鳥取県生協の独自媒体を作成しています。鳥取県内の商品を中心に、生産者・メーカーと関わりを持ちながら商品企画を行っています。
Q3.生協職員で良かったと感じる時は?
A 日々の小さな「ありがとう」を大切にしています。生協に関わる方々や周りの皆様と「ありがとう」の言葉が共有できた時、嬉しく思います。
Q4.今後取り組んでみたい業務の内容は?
A 「組合員や地域のためにできること」をテーマに色々な事にチャレンジしていきたいと思います。生協の輪、人々のつながりをもっともっと広げられるよう頑張ります!
Q5.職場の雰囲気は?
A みなさん黙々と仕事をされています。周りのみなさんには業務以外の相談や助言もいただき働きやすい職場です。
Q6.仕事を離れると...?
A スポーツを観たり運動する事が趣味で、休みの日は大体動いています。時々、地元の温泉に浸かり、ぼーっとすることもあります。