採用Q&A

採用に関するよくある質問をまとめました。

Q1.鳥取県生協の求める人材を教えてください
A 生協は、より良いくらし、より豊かで文化的なくらしを実現していくことを目的とした、人と人とのつながりでできた組織です。生協の仕事は、事業的なものの他にも様々な組合員活動もあります。職員は生協の良さを伝えたり、色々なくらしの提案を行なっていきます。明るく・誠実で人と話をするのが好きな人。学習意欲が強く夢を語れる人。社会的貢献・奉仕に興味がある人...。そして周囲と協力して一緒に頑張れる人を求めています。
Q2.入協後の業務内容は?
A 入協後は必ず共同購入の地域担当の業務に就いていただきます。配達はあくまで手段であり、組合員さんのくらしの向上にお役立ちすることが生協職員としての業務ですので、組合員さんと接し、直接声を聞き、何を望んでいるか、どうすれば組合員さんのくらしが向上するかを学んでいただきます。その後はジョブローテーションにより、適材適所の配置を行っていきます。
Q3.転勤はありますか?
A あります。鳥取県生協ではジョブローテーションを行い、人材の育成を計ります。鳥取県内の6支所(東部第一支所、東部第二支所、東部第三支所、中部支所、西部第一支所、西部第二支所)のほか本部(管理本部、総合企画室)、商品センター(事業運営本部)の勤務地があります。また出向先としてコープサービスとっとり(商品センター内)、コープCSネット(広島県)があります。
Q4.休日、有給休暇について教えてください
A 土曜、日曜が休日です。(年末年始は勤務日程変更、業務によってはシフト制、土日出勤の場合あり)有給休暇は取得可能です。また年に2日間の特別休暇制度等もあります。
Q5.福利厚生の制度について教えてください
A 各種社会保険制度、育児休業、介護休業などを完備/定期昇給・年1回/賞与・年2回 /家族手当、通勤手当などがあります。
Q6.必要な資格などはありますか?
A 最初は地域担当の業務に就いて頂きますので運転免許証が必要です。様々な資格や優れた資格を取得している事は今後の業務に役立つと思われますが資格取得が直接採用の選考に大きく影響する事はありません。
Q7.職員の育成について教えてください
A 事業や活動の基盤となるのは「元気な組織と健全な経営づくり」と考え「職員が元気に働き、学びあい成長する組織」となることをめざしています。職員が協同組合の価値を学び、組合員さんの願いやニーズに共感し、期待に応えるには個々の職員がその能力を最大限発揮できる風土づくりとたゆまぬ努力が必要です。これらを念頭に教育研修計画を策定し職員の育成を図っています。
Q8.今後の事業展開は?
A 現在の社会情勢や組合員アンケートを分析し、今後は「高齢化に対応できる事業・環境づくり」「次世代を担う若い世代へのアプローチ」「利用しやすい環境整備」「安心、安全商品の追求」「平和、環境、福祉に幅広く取り組む活動」などを大切なポイントとしています。組合員さんの意見を聴きながら将来の鳥取県生協のありたい姿をイメージし、より地域社会へ貢献できる事業・活動に取り組んでいきます。