お知らせ

お知らせがご覧いただけます。

お知らせ「戦後70年憲法 からジェンダーを考える 私たちは今、平和のためになにができるのか」をテーマに学習会を開催しました

1IMG_3584.JPG

10月3日(土)、倉吉市の伯耆しあわせの里にて開催しました。

主催:平和グループ「プワン」 共催:鳥取県生協中部エリア会

 

 

2PA030042.JPG

講師の若尾典子さん(佛教大学)

 

 

3IMG_3595.JPG

まず、憲法第九条と安保関連法について、法案の審議で明らかになったこと、違憲であること、私たちが学ぶことの必要性についてお話しいただきました。多くの国民がわからないまま法案が成立したことや多くの国民が「何をポイントとして不安になったのか」についてご説明いただき、"第十二条のこの憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない(文章抜粋)"こと等について学びました。

続いて第二四条の現代性についての学習。過去の日本の歴史のなかで「家」制度に問題があったこと、家庭内の様々な差別や貧困の延長線上に戦争や紛争が存在していることについてお話しいただき、第二四条の"婚姻は両性の合意に基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として相互の協力により、維持されなけれないけない(文章抜粋)"は個人の「生命・自由・幸福追求」の権利保障(十三条)、法の下の平等(十四条)が家族の中で保障され、現在の様々な差別や貧困が解決に向かっていることについて学びました。

今回の学習会では平和を守るために私たちが常に学んでいくこと、行動を起こしていくことの重要性について改めて学習することができました。

 

初めての方(生協加入ガイド)

  • 鳥取県生協の概要
  • よくあるご質問
  • 今すぐ鳥取県生協に加入したい方

    ネットで加入申込手続きをする

  • 生協に加入、またはサービスの利用をご検討中の方

    資料請求・加入申し込み

インターネットショッピング

eふれんずのご利用はこちら
生協の会員制インターネットショッピング&コミュニティーサイトです。

  • eふれんずとは?
  • 会員登録