お知らせ

お知らせがご覧いただけます。

お知らせ第18回『産直虹のつどい』を開催しました

 

g03.08.jpg

 38日(土)に開催しました。『産直虹のつどい』は産直商品の農産物・畜産物を育てる生産者のみなさんと組合員さんが交流を行うイベントで、今年も県内の生産者のほか、遠方の生産者さんやお取引先の方にもお越しいただき、それぞれの産地での生産方法や商品のこだわりについて説明していただきました。また、産直商品を育てる生産者の紹介や声も届けていただき、今回のテーマ「わかりあい、つながる笑顔」が感じることのできる催しとなりました。

a03.08.jpg 

 開会にあたり、鳥取県産直協議会の幅田会長より県内の農産物、畜産物の現状についてお話いただきました。

b03.08.jpg 

 参加していただいた県内外の生産者、メーカーのみなさんに組合員さんへのごあいさつとアピールをしていただきました。

 

 e03.08.jpg 

 飼料米生産者、野口信一さんの発表。

田んぼにカエルやタニシがいて、トンボが飛んでいる風景を守っていくことは食料自給率の問題だけでなく地域や日本を守っていくことにもつながります。今後も田植えや稲刈りなど、組合員さんと楽しめることを一緒にやっていきたいと思います。

 

c03.08.jpg 

 頑張る若い世代から伝えたいこと①

野菜生産者、中村 高也さん

県外より移住し米子市で農業を始めて3年目となります。新規就農者として厳しい面もありますが、自分の育てた野菜がおいしいと言っていただけることを励みとして頑張っていきます。

 

d03.08.jpg 

 頑張る若い世代から伝えたいこと②
酪農生産者、板持 真侑さん
酪農を始めるきっかけは母の「牛がかわいい、仕事が楽しい」と言う言葉でした。飼料や燃料費の高騰で色々難しい面もあります楽しく仕事をしてみなさんにおいしい牛乳をお届けします。

f03.08.jpg 

 組合員さんと生産者のみなさんがグループに分かれ交流。
組合員さんが生産者の方に普段感じていることや栽培方法などを質問したり、生産者の方が組合員さんに要望を伺うなど活発に意見が交わされました。

 

 

 

 

[参加された組合員さんの感想]
若い方がしっかり将来のことも考えながら就農されていることに感慨深いものを感じました。消費していくことで応援したいと思います。

生産者の方とお話しでき、より身近に感じました。野菜の保存方法や、料理も教えていただいたので参考にしたいと思います。

田畑を守っていくことの大切さ、子どもへ伝えていくことの大切さ、農業が楽しいという言葉が出てくることの素晴らしさを感じました。

生産者の方は遠くから参加された方もおられ、産地の様子や熱意を間近に感じることができました。

 

お越しいただいたお取引先のみなさん
津軽産直組合、信州産直組合、パシフィック・トレード・ジャパン、しもつコープファーム、広中食品、肥後農産、マルイ食品、べこ会、JA鳥取中央、渡道生産組合、鳥取県畜産、東伯ミート、西日本ジェイエイ畜産、小川養鶏、大山乳業農協、(株)大新、井ゲタ竹内、海産物のきむらや、ダイマツ、リーサルベルデ、ベジラボ、はりまや、前川博之商店(順不同)

 

初めての方(生協加入ガイド)

  • 鳥取県生協の概要
  • よくあるご質問
  • 今すぐ鳥取県生協に加入したい方

    ネットで加入申込手続きをする

  • 生協に加入、またはサービスの利用をご検討中の方

    資料請求・加入申し込み

インターネットショッピング

eふれんずのご利用はこちら
生協の会員制インターネットショッピング&コミュニティーサイトです。

  • eふれんずとは?
  • 会員登録