たべる*たいせつキッズクラブ

「食」に関する本やイベントを通して、食べることの楽しさや、大切にする気持ちを育むきっかけ作りをお手伝いしています。

全域夏休み親子実験教室 「お魚が商品になるまでを見学してみよう!」を開催しました

8月2日(金)弓ヶ浜水産で、たべる*たいせつキッズクラブ主催の夏休み親子実験教室、
「お魚が商品になるまでを見学してみよう!」を開催し、10組の親子が参加をしました。
まずは、工場でお魚をカットし、味つけや袋詰めをされて商品になるまでの工程を見学しました。
どの工程も機械化され、衛生管理の徹底、安心・安全へこだわった工場・商品であることを学びました。
次に、自然豊かな地域を守りながらおいしいお魚を食べ続けていくために行っている、持続可能な水産業や
地域貢献の取り組みをわかりやすく説明していただいたき、8月3回のカタログでオススメ商品になっている
「境港サーモン塩切身」「境港サーモン刺身切り落とし」の試食もさせていただきました。
「美味しい!」「サーモンの刺身は苦手なのに、これは食べられる♡」とお魚の美味しさを実感しました。
参加したキッズからは、「さかなをどうやってきっているのか、どうやっておみせにはこばれるのかが
わかってよかったです。」「お魚の内臓がピンクだとわかっておもしろかったです。」という感想があり、
保護者の方からは、「商品が手元に届くまでには、様々な工程があり、やっと食べることが出来ていることを
改めて実感しました。」「徹底した衛生管理、近代的な機械を使ったコンピュータで効率化されたシステムを見学し、
日本各地からの受注に細かく対応されているこど、目からウロコでした。」などの感想がありました。
自分の目でお魚を見たり、食べたりして学び、お魚のことがもっともっと好きになったイベントとなりました。


IMG_1260.JPG
IMG_1270.JPG
IMG_1275.JPG