商品・食育

西部地区「飼料米田植え交流会」を開催しました

5月18日(土)に西部エリア会主催の「飼料米田植え交流会」を開催しました。
この会は、産直商品「さくらのこめたまご」を産む親鶏(さくら)がエサとする飼料米の交流会です。
飼料米は、福成農園(南部町福成)の田んぼで育て、毎年、生産者の方々に教わりながら田植えや
稲刈りの体験をしています。今年は始めに、生産者の野口さんから飼料米についてのお話と、
小川養鶏場の小川さんからさくらのこめたまごについてのお話、またエリア会から出題のクイズに
挑戦しながら飼料米の取り組みについて学びました。
その後は素足で田んぼに入っての田植え体験!始めは泥の感触に慣れなくて、「埋まる!!」と言っていた
子どもたちも、用意していた苗を植え終わる頃にはみんなが笑顔で楽しんでいました。
最後には、苗が無事に大きく育ってくれるようにと願いを込めた"看板"も作ることができました。
秋には、今回植えた稲を収穫する「稲刈り交流会」を予定しています。たくさんのご参加をお待ちしています♪


集合写真.JPG


















田植え⑩.JPG看板作成④.JPG