商品・食育

西部地区「英語学習セミナー」を開催しました

4月17日(水) 西部エリア会主催「英語学習セミナー」を開催しました。
2020年度から小学5・6年生の外国語活動に代わり「英語」が教科になります。
教科書が配られ成績評価の対象になるのにともない、すでに始まっている小学校英語教育や
これからの英語学習方法について、全日本家庭教育研究会 ポピー本部教育対話主事の
村田稔子先生を講師にお迎えし、お話を伺いました。
2018年度からすでに移行期間に入り、小学校3・4年生も年間35単位の外国語教育が行なわれているそうです。
これからの英語教育はコミュニケーション(聞く・伝えられる)能力が求められている現状の中で、
家庭での役割が重要になります!!そこで、家庭で実践して欲しい事柄として、
①子どもをほめて、認めて、自信や自主性を伸ばしてあげること
②英語が日常的に目や耳に入り、身近に"あたりまえ"にある環境を作ってあげることの2点に加え、
大人も英語を楽しんで欲しいといことでした。また「できることより 好きになろう!」の実践の仕方として、鳥
取県生協の文化サービスで取扱いのある"家庭学習教育 ポピー"の教材を使いながら、
英単語の聞き取りゲームも行ないました。時には和製英語に苦笑しながらも、みなさん笑顔で楽しみました。
難しいと気構えていた英語も、子どもと一緒に楽しむことが大切♡と学べた有意義なセミナーとなりました。


村田稔子先生②(ちょっと熱くなってきた).JPG
英単語聞き取りゲーム①.JPGポピー教材の紹介(ポピー事業部 寺井様).JPG