食・くらし・学び

西部地区 「産直ミニ懇談会」を開催しました

2月26日(火)鳥取県生協 西部支所にて「産直ミニ懇談会」を開催し、大山乳業、鳥取県畜産の生産者さんと
職員の方々をお招きしました。
大山乳業の酪農家さんからは、日頃の作業の苦労や努力、今までの歴史を守りつつも新しい技術を取り入れながら
特色を生かしたやり方で、より良い牛乳を出荷したい!という熱意を感じ、参加者一同 改めて生産者のみなさんへ感謝をしました。
「牛乳の飲み比べ」では、〝いつも飲んでいる味〟を当てられず苦笑い......。
鳥取県畜産の職員さんからは、経産牛と肥育牛の食べ比べや違いのお話や、肥育~商品になるまで全て鳥取県内だけで
完結していることをお聞きし、安心して食べられる産直牛だということを改めて学習しました。
お話の後は、牛乳を使ったレシピを参加者で調理を楽しみ、牛乳を使うと美味しく減塩できる"乳和食"のレシピもいただきました。
やっぱり鳥取県産って素晴らしい!を実感した懇談会となりました。

seibu 021.JPG
seibu 003.JPGseibu 004.JPG
seibu 024.JPGseibu 025.JPG