食・くらし・学び

東部地区たべる*たいせつキッズクラブ 親子実験教室(東部会場)を開催しました

7月22日(日)鳥取県生協 商品センター2F 会議室にて、親子実験教室が開催され、6家族14名が参加をされました。

 

まずは、砂糖とクエン酸を使った「人工ジュース」を作る実験をしました。砂糖を混ぜただけのジュースは、ぼやけたような甘~いジュースでしたが、クエン酸を加えると・・・まぁ不思議!美味しいジュースに変化をしました。

 次に、「市販の清涼飲料水」の糖度を糖度計で計ったり、リトマス紙を使って酸性かアルカリ性かを調べる実験をしました。実験結果からは、今回実験をした市販の飲み物は、ほとんどが酸性で、砂糖がたくさん含まれていること。砂糖が多い食べもの・飲み物や、酸性(酸っぱい)食べものは、歯にも良くないことがわかりました。

 

 次に、某スーパーで購入をしてきた「タール系色素」入りのお漬物の汁と、生協のみかんジュースを使った「羊毛染め実験」をしました。 にんじんやみかんなどの"自然の色素"は、水で洗うと落ちるけれど、"タール系色素"は水で洗っても落ちないことがわかりました (・へ・)体にとっては、自然の色素の方が安全・安心だよね!

 

 最後に、実体顕微鏡を使って「庭に咲いていたたんぽぽ」と「10円玉」を見ました。奥行や立体感がはっきりと感じられ、まるで自分が小さくなってミクロワールドに飛び込んだかのよう✩ のぞき込んだ親子からは「わぁ~」と歓声があがっていました(^。^)♬

 

 親子実験教室では、キッズクラブに登録しているキッズとご家族の方に"安全に食べること"を楽しみながら学び、自由研究のお役にも立てることを目的に開催をしています(^u^)次回は、7月28日中部会場、7月29日西部会場で開催予定です♪

①集合写真.JPG

②人工ジュースを飲んでみる.JPG③人工ジュースおいちぃ♡.JPG④リトマス紙の実験.JPG⑤糖度計で糖度を計る.JPG⑥生協の紙パックのジュースが適量ですよ~.JPG