食・くらし・学び

西部地区「CO・OP de パン教室」を開催しました

6.29西部パン教室画像⑧ - コピー.JPG

6月29日(木)西部支所で『CO・OP de パン教室』を開催し、32名が参加しました。

はじめに組合員活動グループの西墻から、パンに使われるイーストフードの臭素酸カリウムや、

ハムの発色剤、マーガリンのトランス脂肪酸についての学習を行ないました。

組合員さんからは、「添加物に気を付けて、表示を気にしてみようと思います。」と感想をいただきました。

その後は、河原房代先生、千佳両先生を講師に、マヨネーズパンやハムロールパンを教わりました。

手を加えすぎるとパンが硬くなるという先生のアドバイスをいただきながら、みんなで思い思いのパンを作りました。

昼食時は、出来立てパンと『べんりで酢』を使った簡単なサラダ、じゃがいもの冷製スープ(ビシソワーズ)を

美味しくみんなでいただきました。

 

 


 


 

6.29西部パン教室画像① - コピー.JPG6.29西部パン教室画像⑦.JPG

6.29西部パン教室画像⑩.JPG