食・くらし・学び

西部地区「いざというときのための相続セミナー」を開催しました


11月22日(火)、西部エリア会主催の「いざという時のための相続セミナー」が米子市長砂町にある

米子葬祭会館 葬仙で開催されました。



 

 

DSCF6291.JPG

DSCF6284.JPG

はじめに会館内を見学。8月にリニューアルされた会館は、とてもきれいでよりご利用いただきやすいようにと、きめ細やかな配慮がされた設計になっています。

 




DSCF6287.JPG

見学後は、行政書士法人倉敷明久事務所の行政書士松本様より"よくわかる相続セミナー"を受けました。相続は、家族そして自分がなくなった時にと、誰でも直面する問題とのことです。

相続対策が一般化する理由・相続対策・生前の対策法について等々、普段なかなか聞くことのできないお話を興味深きお聞きしました。

 




DSCF6290.JPG

最後の交流タイムでは、行政書士さんと葬仙の職員さんを交え、相続や葬儀についての具体的な質問がたくさん交わされました。

 ~参加者の感想~

争いごとを防ぐためにも遺言書の必要性、日頃から家族との話し合いが大切、家族で相続について考えるきっかけになりました。