食・くらし・学び

西部地区「一緒に作ろう!ワンプレートランチ会」を開催しました

a 2016.02.26.JPG

2月26日(金)西部支所にて、CO・OP商品の学習と試食会を行ないました。

 

b 2016.02.26.JPG

学習会では、カタログに登場するキャラクターとその意味や活用方法などクイズを交えながら情報共有しました。

s2016.02.26.JPG

 


 

n 2016.02.26 .JPG

カタログを見ながら探していくとキャラクターたちがお得情報やおすすめ商品などを教えてくれますよ!

k 2016.02.26 .JPG

鳥取県生協オリジナルマークもあります。

これは産直商品を表すマークで、

①生産者と生産地、栽培・肥育方法(農薬・肥料・飼料など)が明確

②組合員と生産者の交流を大切にしている

③産直事業として、適正な取引価格を追求し、その継続発展が進められている

組合員さんにいちばん身近な安心商品です。

l 2016.02.26 .JPG

鳥取県内産の野菜についているマークです。

このマークを目印に注文して地産地消の輪を広げましょう!

o 2016.02.26 .JPG

鳥取県生協は全国の生協とともに「ラブコープキャンペーン」を行っています。

キャンペーン価格でのお試し利用や商品の試食、見学、学習会など多彩なイベントを行っています。上の写真は、「CO・OPラブコープキャンペーン総選挙」を行なった結果です。今後の総選挙も、引き続きたくさんの組合員さんの参加で人気商品を共有しましょう。

c 2016.02.26 .JPG

d 2016.02.26.JPG

2015年6月から、「もっと素敵なCO・OP商品」を作っていくためにブランド刷新の取組みを進めています。今回は、美味しさにこだわった"CO・OPクオリティ"の「旨さジューシーハンバーグ(デミグラスソース)」と、さらに美味しく便利になった「CO・OP春巻」をメインに試食しました。

 

e 2016.02.26.JPG

CO・OP商品は、組合員さんから寄せられる「こんな商品あったらいな」「もっとこうした方がいいよ」などの声に応え、商品を開発・改善しています。

g 2016.02.26.JPG

CO・OP商品のほかに、今話題の「メイソンジャーサラダ」を作りました。

 

h 2016.02.26.JPG

i 2016.02.26.JPG

鳥取県生協では、「この商品のココが好き」や「生産者やメーカー・職員に伝えたいこと」を『ラブコメント』として募集し、みんなでCO・OP商品の輪を広げていく取り組みもすすめています。機関紙「ひとことカード」や、「だれとでもおしゃべりパーティー」などでコメントをお待ちしています。