食・くらし・学び

中部地区「産直再生紙マルチ米交流会」を開催しました

1DSC01183.JPG

6月20日(土)18時より倉吉市の横手ふれあい会館で開催し、組合員さん親子、JA鳥取中央、生協職員、生産者40名が交流しました。

 再生紙マルチ稲作研究会の河野さんからは再生紙マルチを使った米作りについて話を伺いました。「再生紙マルチでの栽培に取組んでからずっと交流を続けてきました。小さな芽ですが、大切にして広げていきたい。子どもたちが大きくなっても来てくれれば嬉しく思います」とお話しいただきました。

 

 

2DSC01196.JPG

その後、みんなで田んぼに入り、「元気に稲が育つように」と願いを込めながら除草を行いました。

 

 

3DSC01214.JPG

夕食には、産直商品を使った、名づけて「ラブコープカレー」を全員でいただきました。

 

 

4DSC01219.JPG

美味しいマルチ米と栄養満点の野菜とお肉を煮込んだカレーは愛情いっぱいの味でした。

 

帰るころにはすっかり日も暮れ、田んぼの近くの川辺にはたくさんのホタルが飛んでいました。