食・くらし・学び

全域「天野実業工場見学&倉敷美観地区散策ツアー」を開催しました

a 2014.12.05.JPG

12月5日(金)、今年度2回目となるコープ会・コープくらぶ&総代さん(総勢51名)の学習バスツアーを開催しました。訪問した先は、フリーズドライおみそ汁でお馴染みの「天野実業」(岡山県浅口郡里庄町)。お湯を注ぐだけでまるで手作りのような風味を味わえるおみそ汁のおいしさのヒミツを探りました。

 

b 2014.12.05.JPG

工場見学のようす

天野実業のフリーズドライ商品(真空凍結乾燥食品)はおよそ200種類にのぼります。その中の生協カタログに登場するおみそ汁について説明をしていただきました。

c 2014.12.05.JPG

① 準備・・・人の目と手でていねいに具をひとつずつ選別してチェックします

② みそ汁を注ぐ・・・大きな鍋で家庭と同じように味噌と出汁を加熱します

③ 凍らせる・・・具にみそ汁を注いだら、すぐに凍らせておいしさを閉じ込めます

④ フリーズドライ・・・ゆっくり時間をかけて、ていねいに乾燥させます

⑤ 検査する・・・より安全・安心をお届けするため、機械による検査と人による品質チェックを実施します

⑥ 包装・・・フリーズドライ後、おいしさを保つためアルミ袋で完全密封して吸湿や酸化を防ぎます

 

工程のひとつひとつをていねいにご説明いただきました。

d 2014.12.05.JPG

 

 

e 2014.12.05.JPG

創立(67年)以来、天野実業の食品加工技術は、様々な食品や料理に活用されています。

組合員さんが臭いを確かめているのは粉末焼きそばソース。他にも、粉末味噌・粉末醤油・顆粒だし・ふりかけ・粉末酢・デザートソースなど、私たちの生活の中にその技術がいかされていることが分かりました。

 

f 2014.12.05.JPG

生協カタログでも登場する「いつものおみそ汁・なす」は一番人気の商品。この日のお昼に参加者は試食としていただきました。具材に合わせて、最も相性の良い味噌とだしの組み合わせ。具材のおいしさが引き立った、こだわりの味わいでした。

g 2014.12.05.JPG

おみそ汁のほかにも、人気TV番組に取り上げられた商品なども試食し、「生協のカタログにも載せてもらえるように要望を出します!」という組合員さんの声もありました。

h 2014.12.05.JPG

i 2014.12.05.JPG

試食の感想や質問などもメーカーさんと直接やりとりでき、家でカタログを見ているだけでは知り得ない情報満載の学習会でした。

 

フリーズドライの特徴

① 作りたてのおいしさが味わえる

② 栄養素のへ変化が少ない

③ お湯を注ぐだけだから簡単・便利

④ 長期保存可能

⑤ 軽くて持ち運びに便利

j 2014.12.05.JPG

最後に、バスの中のマイクを使って商品アピールがありました。

「天野実業の商品を料理につかうときに"手抜き"だとは思わないでください!じっくり時間をかけた本物の料理ですので、自信をもって家族に食べさせてあげてください!」

 

・愛情そのままおみそ汁セット(FD) 5種(各2食)

12月2回・1月1回・2月1回・4月1回

 

・いつものおみそ汁 5種(各2食)

10月3回・1月3回・2月3回・3月4回

 

・いつものおみそ汁(プラス1) 5種(各2食)+1食

12月4回・3月3回

 

・いつものおみそ汁いろいろ野菜(FD) 4種(各2食) 

11月3回・1月2回

 

・減塩いつものおみそ汁(FD) 5種(各2食)

1月4回

k 2014.12.05.JPG

天野実業を後にし、バスで40分。

倉敷美観地区散策を楽しみました。

l 2014.12.05.JPG

m 2014.12.05.JPG

~参加者の感想より~

・大変勉強になりました。酸化等を防ぎ美味しさを保つため、アルミ袋完全密閉してまさに作りたてのおいしさ、栄養素の変化が少ない、今日茄子の味噌汁をいただき、シャキシャキとたいへん美味でした。インスタントと思っていましたが私が作った味噌汁より美味、これから利用したいと思いました

・長い歴史の中で今の商品のバリエーションにつながったことやフリーズドライは「手抜き商品」ではなく、商品になるまでに1週間もの時間を使っていることが驚きでした。見学させていただいたことで商品も天野実業さんも身近な存在となりました。

・工場見学&観光の一日、あっという間の中に新しい発見やいい刺激がありとても楽しいひと時でした。