食・くらし・学び

全域「椿き家工場見学&尾道流通センターツアー」を開催しました

 

 x 2014.09.30.JPG

 a 2014.09.30.JPG930()に、日帰り学習バスツアーを開催しました。東部、中部、西部の組合員さん総勢35名は、大型バスで椿き家さん(広島県三原市)→尾道流通センター(広島県尾道市)と巡り、気持ち良い景色のなか、秋の一日を満喫しました。

 

 

a 2014.09.30.JPG

バスの中での組合員さんの声に「オールシーズン予約で毎週届く、大好きな'日本の豆とうふ'のメーカーさんに直接お話を聞けるのが楽しみ」「あの豆腐のなめらかさの秘密を知りたいので参加しました」などあり、多くのみなさんが椿き家さんへの訪問を楽しみにされていました。

 

 

c 2014.09.30.JPG

 玄関で出迎えてくださったのは、社長・折笠廣司(おりかさ・ひろし)さんと、いつも学習会などで組合員さんも馴染み深い六田さん。お二人に極上の笑顔で歓迎され、工場見学スタート。

 

 

d 2014.09.30.JPG

 

 

e 2014.0930.JPG

 

 

f 2014.09.30.JPG

 

 

i 2014.09.30.JPG

 

 

g 2014.09.30.JPG

 社長さんの理念が、建物の随所に見られました。

 

j 2014.09.30.JPG

 何よりも基本に考える「安全性」へのこだわり10箇条

 

    国産・特別栽培大豆だけを使う 

    豆腐専用の大豆を開発する

    にがり以外の食品添加物は一切使わない

    素材の持ち味を活かす

    あくまでも絹ごし豆腐にこだわる

    衛生管理の徹底

    生産性第一主義に陥らない

    表示をごまかさない

    水にさらさない(養分を逃がさないため)

    適正な価格であること

 

椿き家の豆腐は、大豆と水と天然にがりのみで作られます。

つまりは、本物であること。安全性から旨さ、価格まで、追い求めているものは、本物の豆腐だけが持っている魅力のひとつひとつ。真摯な取り組みの姿勢と、それゆえの誇りについて語ってくださいました。

 

 

 

 

k 2014.09.30.JPG

 

 椿き家の豆腐製品いろいろ。

人の体にも心にも、そして地球にもやさしい、本物の豆腐を食べましょう。

 

 

 

 

 

v 2014.09.30.JPG 

 中四国の生協物流の拠点「尾道流通センター」

《ドライセンター見学のようす》

 

「欲しい商品を、欲しいときに、欲しいだけ、品質が保証されたものを、より安い価格で提供して欲しい」という組合員さんの願いの実現へ向けて、COOP商品を作られた時のまま、「安心・安全」を少しも失うことなく組合員さんにお届けする大きな役割があります。

 

 

 

 

m 2014.09.30.JPG

 最新の設備で効率化に挑戦

 

宅配向けセットセンター(SC)には、ラック内で機械が配順を整え、オーダー順に搬出するシステムである次世代集品システム(クライムシステム)を使用。また、在庫保管センター(DC)と宅配向けセットセンター(SC)で共有している通過型ケース自動倉庫は、少量多品種に対応した仕分けを高速で行うことができます。他にも、パレットDPSなどを使用することで省力化と生産性の向上を図っています。

※在庫保管センター(DC):多品種のCOOP商品・営業倉庫荷主のナショナルブランド品を保管しています。

※宅配向けセットセンター(SC):共同購入の箱に、商品をセットしています。

 

 

 

 

n 2014.09.30.JPG

 

入庫作業では、ハンディーターミナルによる検収システムを導入しており、正確で迅速な作業を実現しています。

 

 

 

 

o 2014.09.30.JPG

 

 

 

 

p 2014.09.30.JPG

 

 

 

 

q 2014.09.30.JPG

 

ドライセンターからエコセンターへ歩いて移動します。

 

 

 

 

r 2014.09.30.JPG

 

《エコセンター見学のようす》

 

エコセンター設立の目的

循環型社会の実現やCO2削減に向けた取り組みを推進します。

宅配事業を通じて回収されるリサイクル品を迅速かつ確実に再資源化します。

障がいを持った方が働きやすい環境を整え、地域社会の雇用の創出及び障がいのある方の自立支援に取り組みます。

 

 

 

 

 

 

s 2014.09.30.JPG

 

組合員のみなさんから回収した紙類・プラスチック類のリサイクル品はエコセンターに運ばれ様々な形にリサイクルされます。

 

 

 

 

t 2014.09.30.JPG

 

☆チラシ → 新聞(一部宅配カタログ)

☆牛乳パック・OCR用紙 → コアノンロールに

☆内袋 → ごみ袋、レジ袋、パレットなどに

☆卵パック → 繊維にして作業服に

その他、支所から出るPPバンド・機密紙などもリサイクルしています。

 

 

 

 

u
2014.09.30.JPG

 

国内外から平和記念公園などに寄贈される平和の折鶴を再生原料として資源化する「平和の折鶴昇華再生事業」を実験的にスタートしました。平和の折鶴はカレンダーや折り紙、封筒や名刺に加工される予定です。

 

 

 

w 2014.09.30.JPG

 

環境にやさしい取り組みもすすめています。

 

・屋上には太陽光発電設備を搭載

・冷凍機用屋外機の目隠しと遮音を兼ねた高さ14mの壁面緑化を実践

 

 

 

 

 

 

~参加者の感想より~

 

・初めての椿き家工場見学で、商品はもとより、工場からの排水について環境に配慮されている事がよくわかりました。食に関する意識を高く持ちながら商品を作られている姿勢に、改めて感動しました。

 

・尾道エコセンターの説明をしていただき、勉強になりました。知り得たことを参加されていない組合員さんにお伝えしたいと思います。

 

・椿き家さんのお豆腐のおいしさは、社長の信念からうまれているのだと、工場にお邪魔し、お話を伺い、わかり納得しました。自分の生活を見直す機会にもなる有意義な時間でした。大変勉強させていただき、ありがとうございました。