食・くらし・学び

西部地区「もずくde親子クッキング」を開催しました

 

 

a 2014.03.31.JPG

3月31日(月)西部支所にて9組の親子の参加で開催しました。地元メーカー(株)井ゲタ竹内さんのおいしいもずくについて、もずく博士の粟木さん(井ゲタ竹内・営業部)より説明していただき美しい沖縄の海の映像を交えた分かりやすいお話に子どもたちは聴き入り、品質に納得しました。そして、テーマの「もずく料理&沖縄料理」を親子で楽しみました。

 

 

b 2014.03.31.JPG 

学習会での様子。

写真は、沖縄県恩納村漁協と取り組んでいる「サンゴ礁を守り、育み、増やす活動」の説明です。もずくに不可欠な太陽の光を、沖縄の透き通った海に差し込ませ、白く輝くサンゴの砂が光を反射させることで光合成を促進し、良質のミネラルたっぷりのおいしいもずくを育てます。

 

 

 

c 2014.03.31.JPG  

(株)井ゲタ竹内さんのもずく検品は、人間の目と手の感覚で、小さなエビや他の海草などの異物を発見し、除去します。

この日は、粟木さんがもずくに異物を隠し、それを子どもたちが探すという異物除去の「検品体験」をしました。広げたり持ち上げたりして真剣に探し、厳しい検品の重要さを体感しました。

 

 

 

  

 

d 2014.03.31.JPG 

エプロンをつけて、三角巾をかぶり、いよいよクッキングです♪

にんじんを切るの上手でしょ?

 

 

 

f 2014.03.31.JPG 

椎茸さん、おいしくな~れ♪

 

 

 

e 2014.03.31.JPG 

お母さんといっしょに慎重に揚げます。

 

 

 

j 2014.03.31.JPG 

 「お母さん、こんな感じで大丈夫?」

 

 

 

 

 

 

k 2014.03.31.JPG 

揚げるのはまかせてね♪

 

 

 

 

 

i 2014.03.31.JPG 

 

 洗うのも大事なお仕事です♪

 

 

p 2014.03.31.JPG 

 野菜たっぷり栄養満点の、沖縄炊き込みご飯「くふぁじゅーしー」

 

 

 

q 2014.03.31.JPG 

 にんじんの自然な甘味を存分に味わえる「にんじんしりしり」

にんじん嫌いな人もモリモリいけるおいしさです。

 

 

 

r 2014.03.31.JPG 

外はサクサク・カリカリ、中はもずくが野菜に絡まってモッチモチの食感。「もずくの天ぷら」

 

 

 

s 2014.03.31.JPG 

 ほんのりお酢を感じる「もずくの和風スープ」

 

 

 

t 2014.03.31.JPG 

 もずくを入れることであっさりした味わいに。

「もずく入りサーターアンダギー」

 

 

 

m 2014.03.31.JPG 

v 2014.03.31.JPG 

y 2014.03.31.JPG 

参加した親子はみんなもずくが大好きになりました!

 

 

 

 

u 2014.03.31.JPG 

栽培から出荷まで、鮮度や衛生面に徹底的にこだわっていますので、皆様の食卓に安心・安全なもずくをお届けすることができます。今回の学習会&料理教室は、安心でおいしいもずくを囲んで、親子の良い春休みの思い出となりました。

この春、商品の内容とパッケージがリニューアルしています。ぜひ、チェックして、購入して、おいしいもずくを食卓へ!

 

 

 

~参加者の感想より~

「酢の物」という独特な味付けが、ごはん、汁、おかず、デザートにも使えて不思議な存在だと思いました。風味も残っていて、「酢好き」の我が家にはとっても美味しくいただけました。

 

もずくに対して愛情いっぱいで生産されている姿がよく伝わってきました。地球温暖化が今後こうやっていろいろな産物に影響を与えてくるんだと思うととても怖い気がしました。

 

コープのもずくを利用したことがありませんでしたが、市販のものとの違いが分かったので、ぜひ買ってみようと思いました。