組合員のひろば

中部地区「おりづるカフェ」を開催しました

中部エリア会主催の「おりづるカフェ」が1月16日に倉吉体育文化会館で開催されました。
今月のカフェで行なったのは、折鶴昇華再生活動。この活動(事業)は、もともと広島市で始まった取り組みです。
毎年「原爆の子の像」に届けられる1千万羽(約10トン)以上の折り鶴は、一定期間ブースに飾られた後に
倉庫で保管されており、この折り鶴をその後平和への祈りを込めて、紙製品に昇華再生させるのがその活動です。
鳥取県生協では2016年から参加しています。

カフェでは、最初にカレーやお菓子などを食べてお話をし、その後約10キロの折り鶴から
糸やビーズを取り除く作業をしました。小さいお子さんもお母さんと一緒に作業するなど、
みんなで協力して取り組み、平和への祈り・願いを込めて楽しく取り組むことができました。

実際の昇華再生をした商品は、毎年の秋に「CO・OP 折り鶴リサイクル3ヶ月メモリーカレンダー」として
カタログに紹介されますので、ぜひご利用してみてください。


DSC_0147[1].JPG
DSC_0129[1].JPGDSCPDC_0000_BURST20190116115316532[1].JPG