組合員のひろば

中部地区「ちゅうぶえりあかふぇ~もずくの魅力、再発見!~」を開催しました

 

SANY0067.JPG

SANY0068.JPG

1月20日(金)ココステーション八橋で、中部エリア会主催の『ちゅうぶえりあかふぇ~もずくの魅力、再発見!~』が開催されました。

昨年7月発行の機関紙せいきょう『根っこの話』7月号で特集した「恩納村産もずく」。

はじめに、もずくが育つ海のサンゴ礁再生事業の取り組みや、それを支援する"もずく基金"についてまとめたDVDを視聴したり、沖縄の現地視察に参加された組合員さんのお話を伺ったりして、生産者のもずく生産への想いや、〝日々の食卓でもずくを食べること〟が実は海の環境保全につながっているのだと学びました。

 



SANY0077.JPG

その後のかふぇタイムでは、糸もずくと太もずくの食べ比べや、太もずくを使ったアレンジメニュー「もずく入りホットケーキ」「味付け太もずくの卵焼き」を試食。

 






SANY0078.JPG

他にも、寒い季節に嬉しい抹茶くず湯やしょうが湯、しょうが紅茶や今川焼きなどのお菓子も登場し、みんなでいろいろ試食しながら、もずくのお話、日々のくらしのお話など、おしゃべりに花を咲かせました。

みなさんもおいしいもずくを食べながら、もずくの育つきれいな海を守る取り組みを応援してみませんか?

 

 

~もずく基金について~
沖縄県恩納村のサンゴ礁再生事業に役立てられる"もずく基金"は、対象商品1点につき、

ご利用金額の一部が"もずく基金"として寄付されます。

※"もずく基金"の対象商品はこのマークが目印です。

もずく基金ロゴ.jpg