環境への取り組み

西部地区「コアノンともずくのエコなお話会」を開催しました

コアノン・もずくセミナー画像③.JPG

5月30日(火)に西部支所の2F会議室で「コアノンともずくのエコなお話会」を開催し、24名が参加しました。

今回はコアノンロールでおなじみの西日本衛材の藤本耕造さんと恩納村産もずくでおなじみの井ゲタ竹内の

辻窪昌幸さんをお迎えしてセミナーを行いました。藤本さんからはコアノンロールについて、共同購入のリサイクルで

回収される牛乳パック30枚が、コアノンロール2ロールに相当することやスマイルプロジェクトなど分かりやすくお話しいただきました。

また、辻窪さんからはもずくの種類『糸もずく』と『太もずく』の違いなどを教えていただきました。

ちなみにもずくの商品についても、里海づくりサンゴ礁再生事業として1パック1円が募金され、

サンゴ礁の保全に役立てられています。昼食時は、商品見学会でも大人気の「淡塩さばの混ぜご飯」をエリア会で

実演調理していただきもずくと一緒にいただきました。コアノンともずくは、それぞれ環境に優しい取り組みを

長年実践してきている商品です。みなさんも是非お試しください!

 

 

 

 

 

コアノン・もずくセミナー画像①.JPGコアノン・もずくセミナー画像⑤.JPG

コアノン・もずくセミナー画像⑥.JPGコアノン・もずくセミナー画像⑧.JPG