環境への取り組み

東部地区もっとリサイクル!コープでリサイクル!を開催しました

 

 ①.JPG

5月17日(火)、鳥取市のさざんか会館にて開催し21名が参加しました。

今回は、ごみの問題・環境問題について考える機会を設けている鳥取県東部環境管理公社"リファーレンいなば"から松田さん、田中さん、山本さんを講師としてお招きしました。

②.JPG

みなさんは普段、家庭ごみの分別に気を付けていらっしゃいますか?

松田さんから、白色トレーはプラスチックではないこと、危険物以外は、袋に入れないこと、人の口に入る食品が入っている缶やビン類は資源ごみへ、又そのフタは小型破砕へなど、正しいごみの分別について教えていただきました。

「家にあるごみは取りあえず出したい!!でも、ステーションで持って帰ってもらえるか...なんて思ったことはありませんか?」という松田さんの質問に"あるある~"と組合員さん。分別の仕方も知っているようで、意外とまだまだ知らないことがありそうです...

 

③.JPG

また、お話しを聞いた後は色とりどりのガラスを使ったマグネット作りをしました。

カラフルなガラスたち、とってもきれいです♪

④.JPG

IMG_8719.JPG

 みなさん、黙々と...作業中です...。

 

⑤.JPG

 一人ひとり個性豊かなマグネットが完成しました!

 

⑥.JPG

 最後に生協のリサイクルについてのお知らせ。

組合員のみなさんから出していただいた牛乳パックやたまごパック、袋、カタログは各支所でまとめた後、広島県尾道市にあるコープCSネットエコセンターへ運ばれます。エコセンターでそれぞれの回収物を一次加工した後、回収業者や製紙メーカーを経て、リサイクル品に生まれ変わります。

みなさんも「環境にやさしい」「人にやさしい」をめざしてリサイクルを行っていきましょう♪