環境への取り組み

わが家の「ごみ減量大作戦」交流会を開催しました 

 

 私たちが毎日なにげなく出している「家庭ごみ」を見直してみようと、「ごみ減量大作戦」交流会を実施しました。1月25日(金)倉吉体育文化会館(13名参加)、1月29日(火)とりぎん文化会館(16名参加)での開催でした。

 

DSCF1358_().JPG

 

 まず、鳥取県循環型社会推進課の戸野様から県のごみの量や処理の現状、ごみ減量リサイクル実践方法について説明していただきました。生ごみの水切りグッズや生ごみの堆肥化のための段ボールコンポストを持参していただき、どのように実践するのか具体的によくわかりました。

 

DSCF1357_().JPG

 

 その後、参加された方から日頃から取り組んでいるごみ減量の工夫や、段ボール堆肥化やミックスペーパーの分別に関する疑問点や取り組んでみての感想などが積極的に出され情報交換ができました。

なにげなく出しているごみも上手にリサイクルすれば資源となり、家庭からのごみの量も減ることがわかりました。 

 鳥取県生協では環境活動の取り組みとして、2011年度から鳥取県の『ごみ減量・リサイクル推進事業』に参加しています。

 

 2013年度も参加します。みなさんもチャレンジしてみませんか。