会・くらぶ

西部地区「産直泥付き白ねぎ収穫体験」を開催しました

11月21日(木)コープ会「西部スターズ」主催の「産直泥付き白ねぎ収穫体験」を
開催し、27名の参加がありました。
まず、伯耆町にあるリサールベルデさんの作業場で、べこ会の門脇さんから生協が取り組む
〝産直〟のお話をお聞きし、〝白ねぎの試食〟をしました。

次に、白ねぎの皮むき体験をしました。土がついた外側の皮を風の勢いで吹き飛ばす作業は、
皮がうまく飛ばず手でむいた方が早かったり、皮をむき過ぎてバラバラになったり...
皮むきは意外と難しい作業のようです。
その後は、近くの圃場へ移動し、収穫体験もしました。 生産者の方は何本もまとめて抜くのに、
実際にやってみると中々すぐ抜けない...。〝腰を落として踏ん張って上に引き抜くのがコツ!〟
と教わり、実践してみると上手に抜けました。
最後にリサールベルデの井中さんから「栽培・収穫は天候に左右されてしまうし、作業は重労働だけど、
安全・安心で美味しい白ねぎをお届けしたい!」というお言葉もいただきました。
その声に応えて、しっかり利用して応援したいね♡という想いを共有した収穫体験となりました。


IMG_1508.JPG
IMG_1521.JPG
IMG_1556.JPG
IMG_1572.JPG
IMG_1574.JPG
IMG_1581.JPG