平和

東部地区「原子力防災を知る!ための学習会」を開催しました

1月31日(金)、東部支所で東部エリア会主催の「原子力防災を知る!ための学習会
-被災地を想い、鳥取県原子力防災ハンドブックから学ぶ-」を開催しました。
講師に、鳥取県危機管理局原子力安全対策課の宮城様をお招きして、「放射線」や
「鳥取県の原子力防災への取り組み」、「鳥取県広域住民避難計画」等についての学習をしました。
その他、鳥取県が県内の全家庭に配布している「原子力防災ハンドブック」の説明、
放射線の測定器を使って、身の回りにある「御影石」や「水田・果樹・野菜等に使用される肥料」
等に含まれる放射線を測定し、どれに一番放射線が含まれているかの検証を行ないました。
その後は2019年12月7日~8日に「福島訪問ツアー」の視察報告を職員より行ないました。
参加者からは、「原子力防災について詳しく知ることができた」、「福島の現状、現地の方の
想いがよく伝わった」等の感想をいただきました。


DSC_1743[1].JPG
DSC_1754[1].JPG
DSCPDC_0002_BURST20200131105545089[1].JPG