平和

東部地区「ユニセフのまなび」を開催しました

8月7日(水)あおぞら児童クラブで、東部エリア会主催の「ユニセフのまなび」を開催。
今回は鳥取県ユニセフ協会の方と"世界の子どもたちの命と健康を守るための活動"を知り、
「いのちの水」について考える学習をしました。
まずはじめに、エチオピアの少女「アイシャーの一日」の動画を見て、世界には水汲みのために
教育を受けられない子供がいることを学びました。その後、水を得るために井戸を掘る
"すごろくゲーム"を楽しみながら「井戸を掘ることで生活はどう変わるのか?」をグループで話し合いました。
最後に、使える水を得るためのろ過装置を作ったり、途上国の子どもが水を運ぶために使っている
水瓶を運びながら、きれいな水の有難さを体験しました。
学習後、「きれいな水が飲めるのが当たりまえではない国がたくさんあることがわかりました。
水を大切に使いたいと思います。」という感想がありました。
水の大切さを体感しながら楽しく学べた有意義な学習会となりました。


IMG_1288.JPG
IMG_1312.JPG
IMG_1299.JPG
IMG_1333.JPG