平和

全域「坂口碧望2nd リサイタル」収益金の贈呈式を開催しました

5月17日に鳥取県生協本部で、「坂口碧望2nd リサイタル」収益金を県ユニセフ協会へ贈呈しました。
坂口さんは、米子市立淀江小学校の5年生のバイオリニストで、5歳の頃にテレビでバングラデシュの
貧困を伝える番組を観て、学校に行けず働く子どもがいる現状を知り、「何か力になれることはないか」と考え、
リサイタルの収益の一部を世界の子どもたちに届けることを企画されました。坂口さんは贈呈式の際、
「コンサートホールに行けない方達のために、街中でコンサートを開催して皆を笑顔にすることが夢で、
今回はその"夢"への第一歩として企画しました」とおっしゃっていました。
鳥取県生協も現在取り組んでいるユニセフ募金をさらに進めていき、今後も一緒に様々なかたちで協力していきます。


IMG_20190517_171937[1].jpg