平和への願い

全域ユニセフ「ラブウォーク」を開催しました

a 2015.05.16.JPG

5月16日(土)、57名の参加者は倉吉市成徳公民館を元気よく出発し、3kmのウォーキングを楽しみました。

b 2015.05.16.JPG

参加費がユニセフ募金として発展途上国の子どもたちの健康に役立てられる「ユニセフ・ラブウォーク」。この運動は、1965年にイギリスで生まれ、日本では1983年に始まりました。

c 2015.05.16.JPG

d 2015.05.16.JPG

e 2015.05.16.JPG

f 2015.05.16.JPG

朝降っていた小雨も上がり、過ごしやすい気候のもと、レトロな街並みが残る倉吉白壁土蔵群周辺を歩きました。ラブウォークin鳥取は去年から始まり、地元のウォーキング協会の方々のご協力をいただき2回目を数えました。

途中、5か所のポイントでガールスカウトの子どもたちによる街並みのガイドや、ユニセフクイズ、また、行列ができるお店のたいやきを食べたりと、参加者は観光客と並んで春のひとときを楽しみました。

h 2015.05.16.JPG

i 2015.05.16.JPG

鳥取県ユニセフ協会は、2013年12月に発足し、世界の子どもたちの健康のための活動をしています。

 

【5・6月のご案内】

①ただいま、「ネパール大地震 緊急募金」を行っています(5月18日~5月22日)。

4月25日のネパール大地震は5000人以上の死者をだし、建物崩壊などの多大な被害をもたらしています。ユニセフは、深刻な被害を受けた地域に暮らす94万人の子どもが、緊急の人道支援を必要としていると発表しました。組合員の皆さまには注文書からの募金をおねがいします。

注文番号:17990(募金金額1口100円) 

※注文書右下6ケタの注文欄に、注文番号と口数をご記入ねがいます。

なお、一般の方の募金方法については、鳥取県ユニセフ協会までお問い合わせください。

 

②ワークショップ「世界がもし100人の村だったら」 6月14日(日) 10:00~ 米子市文化ホール

70億人が住む地球を100人の村に縮めて考え、世界の人々のくらしについて楽しく体験学習します。

 参加費無料

定員:20~40名

対象:どなたでも参加できます。(小学生未満のお子さんは保護者同伴でお願いします)

お申込み:鳥取県ユニセフ協会までメール、またはFAX

申込〆切:6月5日(金)

 

《主催》

鳥取県ユニセフ協会 (開局日:月・火・金10~16時、水10~12時)

鳥取市岩吉175-4 鳥取県生協内

TEL0857-30-4535

FAX0857-31-3330

E-mail unicef-tottori@juno.ocn.ne.jp