平和への願い

西部地区鳥取県の戦跡を知っていますか?

 

tirasi.jpg

毎年開催している「平和のための戦争展」。今年は初めての試みで、子ども達に体験することで平和について考えてもらうために「体験コーナー」を設けます。そのうちの1つ「鳥取県西部地区の戦跡を調べてみよう」をご紹介します。

 

 

 

 

 

miho00.jpg

美保(みほ)掩体(えんたい)(ごう)航空機(こうくうき)(てき)攻撃(こうげき)から(まも)ための格納庫(かくのうこ)(しょう)()143月に旧帝国(きゅうていこく)海軍(かいぐん)美保(みほ)航空(こうくう)基地(きち)建設(けんせつ)がはじまりました。終戦後(しゅうせんご)連合(れんごう)国軍(こくぐん)にとりあげられ、昭和(しょうわ)33年9月の返還後(へんかんご)航空(こうくう)自衛隊(じえいたい)美保(みほ)基地(きち)になりました。

 

 

 daisennguti.jpg

大山口(だいせんぐち)列車(れっしゃ)空襲(くうしゅう)事件(じけん)慰霊(いれい)()。 第二次(だいにじ)世界(せかい)大戦(たいせん)末期(まっき)1945年(昭和20年)728日午前8時ごろ、山陰(さんいん)本線(ほんせん)大山口駅(だいせんぐちえき)から東へ約600mの(うえ)()()()(きり)()りに()(なん)した、鳥取(とっとり)始発(しはつ)出雲(いずも)今市(いまいち)行き第八〇九列車にアメリカ軍の艦載機(かんさいき)3機が(じゅう)爆撃(ばくげき)を加えました。()亡者(ぼうしゃ)45名以上、負傷者(ふしょうしゃ)31名以上の犠牲者(ぎせいしゃ)を出し、上野では家屋(かおく)火災(かさい)発生(はっせい)しました。列車は11両で前2両は赤十字(せきじゅうじ)マークの書かれた(びょう)客車(きゃくしゃ)看護婦(かんごふ)病人(びょうにん)・けが人が乗っていました。他の車両はチ号(ちごう)演習(えんしゅう)(てき)(じょう)(りく)(そな)えた防衛(ぼうえい)陣地(じんち)作り)にかりだされた各町村からの人々などが乗り、超満員(ちょうまんいん)でした。

毎年(まいとし)728日には「慰霊(いれい)平和(へいわ)祈念(きねん)集い(つどい)」が(おこな)われます。

 

jyuudann.jpg

写真(しゃしん)(げん)()(ちか)(よう)水路(すいろ)(かべ)です。銃弾(じゅうだん)(あと)(のこ)っていましたが、(いま)(うえ)からセメント(せめんと)()られています。

 

 

 

tamamatu.jpg

(たま)(えい)丸事件(まるじけん)の慰霊碑。 1945423日午前740分ごろ、境町(現在の境港市)大正町の岸壁(がんぺき)爆薬(ばくやく)()み下ろし作業中だった徴兵(ちょうへい)(せん)・玉栄丸が突然(とつぜん)爆発(ばくはつ)しました。爆発(ばくはつ)影響(えいきょう)岸壁(がんぺき)近くの火薬(かやく)倉庫(そうこ)引火(いんか)大爆発(だいばくはつ)を起こしました。この爆発で生じた火災により、境町の市街地(しがいち)3分の1が焼失(しょうしつ)。この事故(じこ)による被害者(ひがいしゃ)死者(ししゃ)115人、負傷者(ふしょうしゃ)309人、倒壊(とうかい)焼失(しょうしつ)家屋(かおく)431()被災(ひさい)人口(じんこう)1790人にもあがりました。第二次(だいにじ)世界(せかい)大戦中(たいせんちゅう)山陰(さんいん)地方(ちほう)での最大(さいだい)火災(かさい)となりました。