平和への願い

太平洋戦争中の私たちの苦しい体験は、私たちが求める「より良い暮らし」は平和なくしてはありえないことを教えてくれました。鳥取県生協は全国の生協とともに平和の活動を行なっています。平和の願いを「歩く」ことによって表現しアピールする「平和行進」は、毎年7月に鳥取県内を被爆地ヒロシマに向けて歩いています。また、戦時中の事実を伝えるために行なわれる「平和のための戦争展」や「身近な戦跡巡り」、「平和のための映画上映」などにも積極的に取り組んでいます。ぜひ、生協の平和の活動に参加し、平和の大切さについて考えてみましょう。

最近の取り組み

一覧を見る