福祉活動

西部地区「まちなかサロン」を開催しました

a 2015.09.30.JPG

9月30日(水)、地域の居場所づくりのためのまちなかサロンを開催しました。閉じこもり防止や介護予防、また町の活性化を目的に月1~2回わだや(米子市糀町1-10)にて開催しており、希望者はどなたでも参加できるサロンです。

b 2015.09.30.JPG

コープでは、「もっと素敵なCO・OP商品」を作っていくためにブランド刷新の取組みを進めています。組合員の「もっとここをこうしてほしい」「ここを使やすくしてほしい」などの声により、今ある商品がより利用しやすくどんどん改善されていきます。2015年6月よりリニューアルしさらにパワーアップした商品の中から、缶が開けやすくなったCO・OPのドライパックを、参加者13名は実際に手に取ってその改善点を確かめました。

c 2015.09.30.JPG

e 2015.09.30.JPG

また、西部地震が発生してから15年経つことを機に、皆で防災についてあらためて考え、意見交換をしました。生協カタログ商品の中にある、東日本大震災を経験した組合員さんのおすすめ商品をカタログで確認したり、缶詰めのパンや水を含ませて30秒でできるお餅などの非常食の試食をしました。

 

f 2015.09.30.JPG

皆で、水戸黄門のテーマにあわせ、手・足・肩・首など全身を動かす体操は恒例となっています♪

g 2015.09.30.JPG

まちなかサロンでは、生協商品の試食のほか、かるた取り大会を行なったり、お月見団子を作ったりと、季節に合わせた内容でみなさんとたのしい時間を過ごしています。

次回の予定は、「座!運動会」。内容は当日をお楽しみに♪

10月14日(水)10:00~わだや(米子市糀町1-10)

お申込み不要ですので、お誘い合わせの上どしどしご参加ください。