組織・活動

組合員組織図をはじめ、さまざまな組合員活動を紹介しています。一緒に活動してみませんか?

組織図

組合員

 生協は組合員自身の組織です。組合員自身が出資して、利用して、運営します。生協は組合員みんなの組織ですから、運営のしくみも組合員自身の活動をより大切にしたものにしています。

総代会

 生協の最高議決機関です。1年間の活動と事業を振り返り、まとめと次の年の活動の方針を決めます。
総代会には組合員の代表である総代がみんなの意見を持ち寄って参加し、話し合います。また2年に1度は役員の選挙もあります。

理事会

 総代会で決定された活動方針を月毎に具体化します。また、生協全体の活動・運営に関する政策や方針を決定します。メンバーは理事・監事。

監事会

 生協の財産状況の監査、及び理事の業務執行状況の監査を実行し、監査に関する重要な事項について討議します。メンバーは監事・監事会事務局。

 班は生協の運営上の基礎組織です。班は組合員同士が身近な暮らしの情報や知恵を交換しあい助け合える共同の場で、人と人とのつながりを作り出す役割をしています。

エリア会

 総代会や理事会で決定した方針をもとにエリアの組合員活動の推進役として、企画の立案や準備、印刷など、具体的に活動を行います。メンバーは組合員理事、3~5名程度のエリア委員。

コープ会

 毎月、商品サンプルと報告書、コープ会だよりが届きます。その中の案内や活動メニューを参考に自主的に活動します。メンバーは組合員のみ3人以上(エリア内限定)。

コープくらぶ

自分たちの趣味や暮らしの中で楽しむことを目的とした活動や、地域の生協活動に活かせる活動など、テーマは自由です。メンバーは5人以上であれば、組合員以外の参加もOK(エリア限定なし)。